通常のパーマより、ダメージ軽減・長持ち・ぷるんとしたカール形成が可能になったパーマです。

これからの時代はクリープパーマが主流になると言われています。

そこで、クリープとは何なのか?

クリープは一定の大きさの力が加わっているとき、時間の経過とともに変形が増大していくこと。
※物質によって湿度・温度が関係と難しく書きましたが例をあげると、金属をある程度の高温にし、一定に力を加えたら金属が楽な形まで変形がどんどん進む。と言うようなことが髪の毛内部で起こすパーマです。

通常のパーマではロッドを巻き、薬剤をつけて、少し髪の内部に無理をさせて髪を曲げてカールさせていたのに対し、クリープパーマはロッドを巻き、薬剤をつけて、パーマ途中で湿熱を与え時間を置いてあげること(クリープ)により、髪の内部が楽な形(巻かれているのでカールの状態)まで変形することにより、負担の少ないパーマが可能になりました。

¥12,000yen